読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯遊茶々 弐

申し込むだけ申し込んでほったらかしでした……。

第三回 Mebius(メビウス)<PC-NJ70A>体験レポート「お気に入りのタッチソフト」

えー、締め切りを大幅にずれてしまったのは、光センサー液晶パッドのファームアップデートに時間がかかったのと、単にお気に入りのタッチソフトが無かったから;
うわぁぁぁぁ、せっかくの機能なのにっ!!!!

忌憚ない意見を言わせていただくと、付属のソフトで光センサー液晶パッドで「なくてはならない」ソフトって「手描きイラスト」くらいなんではないかと思っております。

電卓にしろ電子辞書にしろ、光センサー液晶パッドならではの部分が無く、光センサー液晶パッドとして使い始めると通常マウス操作ができず、これがまた中々ストレスであったりするのです。
もしかしてUSBマウスを別途につけたら同時作業ができるのかもですが、私は基本ノートPCにマウスは付けないので、そもそも論外ですし。

たとえば電子辞書のアプリ起動→メインの画面に表示された箇所を使用するにはキーボード操作かマウス操作になり、じゃあそれ光センサー液晶パッド使う意味ないじゃないかっつー気がするのです。

レノボのW700のように、ポインティングデバイスがあり、その他にタブレット、という状態であればまだいいのですが、光センサー液晶パッドを活かすとマウス操作ができなくなってしまうというのがなにげに痛いです。

そんなわけで結局いいなあと思ったのはミニボウリング。
たいそうシンプルですが、力の入れ具合が絶妙で中々ストライクがとれません。

ボーリングの玉を光センサー液晶パッドで動かすわけです。

ほんと、それだけのゲーム、とってもシンプル。