読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯遊茶々 弐

申し込むだけ申し込んでほったらかしでした……。

真田丸 感想 九回〜十回

第九回「駆引」

新府城って第一話で燃やされてましたけど、再建したのでしょうか。家康が。

こうさん(信行の奥さん)を見ているとおじゃる丸うすいさちよさんを思い出します。あの女優さん、あまり見たことない人なんですが、素がああいう風貌なんですかね。すごい印象に残るんですが……。

演じている長野里美さんは舞台メインの方なんですね。(しかも、西の高田聖子、東の長野里美ってすげぇな)なるほど。

梅ちゃんの存在感を見るに、きりちゃんは何故存在しているのか……と、思いますが、作劇上何か大切な役割があるんだろう、きっと。

……多分?

とりあえず食べ物を放り投げるのは感心しないなー。

KOEIさん協力の地図、けっこうわかりやすいですね。自分の土地勘がある地域だからかもですが。

真田家大ピンチーーーー!!で、幕。

第十回「妙手」

室賀さんが叫びまくっています。

本多忠勝さんも叫びまくってます。

ばば様はいつも通りです。つか、草笛光子さんの顔を見るとなんかほっとしますね。

沼田城を皆でとりあうシーンとか群馬県民的には胸熱展開ですね……。

そこあれだろ、お嫁さんは源次郎様のそばに、じゃなくて、自分が、なんだろ、きりちゃんは。

薫さんも大概ですが、きりちゃんもいい性格してますね。この二人の嫁姑バトルとかちょっと見たかったですけれども、実現はしなかった……のかな?

囲碁に負けていて盤面を文字通り台無しにする昌幸さん。……子供か!

梅ちゃんと信繁の距離感が、もうこれ、できあがってるなって感じでいいね!

……と、思ったら、本当にできあがってたよ! 手ぇ早いな! あの日か!きりちゃんが食べ物を粗末にしたあの日か!

うわぁぁぁぁ……これはちょっときりちゃんに同情するわー。 早く知ってほしいわー、この事実をー。

さて、上杉家にやって来る信繁、このあたり、天地人と一部かぶりますね。当時の信繁役は城田優さん。思えば巨大な真田信繁でありました……。(まあ、あれはあれでよかったと思いますけれども)

最近、上杉景勝って全体的にいい人率高いような気がしますね。(っても真田丸天地人だけの印象ですけど)

そして佐助さんが、高度な情報戦を……。

ってところで、次回は祝言ですか。 真田丸紀行は「浜松城」でした。