読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯遊茶々 弐

申し込むだけ申し込んでほったらかしでした……。

娘は地震の事を覚えていないようです

日常雑記

まだ二歳になっていなかったので無理もないかもしれません。
パパとママが帰って来られなくて、おじいちゃんとおばあちゃんが泊まってくれた日、覚えてる?

と、聞いてみましたが、覚えていないようで。

今日保育園で先生やお友達とお話をしたら、当時の保育園の様子を思い出したりするのでしょうか。
それとも、怖かった記憶なので忘れようとしているのか。

私はあの日以降退職日まで記憶が飛んでしまいます。
つくばエクスプレスの線路が歪曲したり、計画停電に備えて運休になったりで、
結局1週間近く休んで、残り1週間で退職日、くらいだったような記憶があります。

命があって、家族が無事で、これ以上はバチがあたるんじゃないかと思いつつも、
やはり「リストラされた事実」というのは、澱のように溜まってしまいます。
私が向かわなくてはならない問題です。
忘れる事も、乗り越える事もできない以上は、そうした思いも抱えて進むよう、折り合いをつける他ないのです。

ただ、貴重な経験をした、とも思えます。

マイレージ、マイライフ [Blu-ray]

マイレージ、マイライフ [Blu-ray]

事実が同じであるならば、相手の精神に負荷をかけないやりようがあったはずで、あれは言葉の暴力でした。
もし仮に、当時あれを私につきつけた人が謝罪してくれたとしても、癒やされる事はありません。
自分で乗り越えなければならないのです。

4年経ちました。
私ですら未だに生々しく記憶が蘇るのですから、地震被害に合った方たちは過去の出来事ではなくて、今なお続く現実なのだと、推し量る事しかできませんが……。