読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯遊茶々 弐

申し込むだけ申し込んでほったらかしでした……。

もしもボックスは知っていても電話ボックスは馴染みが薄い

日常雑記

……駅前に一応あるにはあるんですが、使った事が無いのでおそらく娘は存在に気づいていないはず……。

娘は、もしもボックス藤子・F・不二雄ミュージアムで一度見たことがあるのと、先日、新旧劇場版、原作コミックスを読んだので、よーく知っています。

娘の中で、「もしもボックス」というのは「電話ボックス」ありきでは無く、そういうアイテムなんだろうなあ……。とか思ったり。そういう秘密道具沢山ありそうですね、他にも。