読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯遊茶々 弐

申し込むだけ申し込んでほったらかしでした……。

祖母の夢を見た

日常雑記

私が19の歳に亡くなったので20年以上前ですね。

夢の中のおばあちゃんは元気に歩いていて(私が産まれた時には既に祖母は腰を悪くしていて軽やかに歩く事はできなかったのです)、熱海で芸者さんを呼んで楽しそうにしていました。

実際の祖母とは大きく異なるキャラクターだったんで、何か別の記憶と混ざっている可能性が高いのですが……。

夫と娘を紹介する夢だったので、単に私がばあちゃんに会いたかっただけかという気もします。